オーパーシリーズ

  • オーパープレミア
  • オーパー
  • ザ・ポスター
  • オーパーMDP
(カタログをご覧になるにはAdobe Readerが必要です)

用途と対応製品・グレード

  • 包装紙
  • 地図
  • 屋外ポスター
  • ラベル
  • マニュアル
  • POP
  • カード
  • ゴルフスコアカード
  • 加工品

Q&A

オーパーは合成紙用インキで印刷するの?
いいえ。オーパーの印刷に合成紙用インキを使用することは、お勧めいたしません。オーパー及びザ・ポスターは指定一般インキ。プレミアは一般インキ。オーパーMDPの事前印刷には耐熱性のあるUVインキをご使用下さい。(詳細は各商品の《印刷の留意点》をご参照下さい。)
オーパーは焼却できますか?
出来ます。また、焼却時に有害なガスを発することはありませんし、他の合成紙に比較して燃焼カロリーも低くなります。
オーパーMDPはどんなプリンタでも印刷できるの?
トナーを熱(又は光熱)で定着させる機構のプリンタであれば、基本的には印刷可能です。しかし、それぞれのプリンタのメーカー・機種・性能・印刷モードによっては、印刷時に不具合が発生する可能性があります。必ず、事前に通紙・印刷テストをして下さい(必要に応じて該当機器メーカーに問合わせする事をお勧めします)。 >機種対応表はこちら
紙と樹脂が剥がれることはないの?
オーパーは特殊なラミネート方式で製造した《紙》と《樹脂》の複合材です。従って、接着剤等による貼合せ品とは全く異なり、強固な層間強度を実現しています。
特寸・巻取り品の出荷は可能ですか?
可能です。ただし、銘柄・生産LOT・納期によってはお受けできない場合がございます。
特注品(開発品)の対応はできますか?
できます。まずは弊社取り扱い代理店様へ特注(開発)内容をご相談下さい。但し、上記同様に開発内容・生産LOT・納期によっては不可のケースもありますので予めご了承願います。
PP100%の合成紙と同じ耐水性はあるの?
全く同様ではありません。オーパーの中層はあくまで紙ですので、厳密に評価すれば紙の木口(断面)からの浸水はあります。しかし、表裏からの水の侵入は皆無ですので、長時間水に漬けたり屋外で極端な長期掲示をしない限りは、耐水紙として十分使用に耐えられるものです。《必要最小限の樹脂使用で耐水性を確保する》=《省資源》がオーパーの商品コンセプトです。
レーザープリンタでオーパー、ザ・ポスター、プレミアの印刷はできますか?
不可です。熱定着機構のプリンタには使用できません。
ザ・ポスターのタック加工は出荷可能ですか?
可能です。まずは弊社取り扱い代理店様へお問い合わせ下さい。
オーパーはリサイクル(古紙回収)できますか?
出来ません。
Copyright ©2017 NIPPON PAPER PAPYLIA CO.,LTD.